広島の原爆の日に考えるビジネスと世界平和の根っこにある人間関係の奥深さ

斜めに陽の当たる広島の原爆ドーム

おっきぃ(@okki39)です。

昨日は8月6日。

朝から晴れ間が広がり、ジリジリと暑い真夏の太陽が照りつける中、広島は、72回目の祈りの日を迎えた。

いい機会なので、今日は平和について少し書いておこうと思う。

平和の礎は他者へ関心なのか・・・

ボクは、広島の隣にある呉の焼山という田舎で育ったが、呉の小中学校でも、毎年この日は決まって登校日だったのを覚えている。

毎年、夏休み真っ盛りで、真っ黒に日焼けした同級生が久々に教室に集まって、それぞれに海やプールで泳いだ話、山でクワガタを獲った話などで大自慢大会!いつもワイワイ・キャーキャー盛り上がっていた。

それでも8時15分になると、先生の「黙祷〜!」のひと言が教室に響き渡り、さっきまでの賑やかさとは対照的に、皆静かに目を閉じて祈りを捧げ、先人の犠牲と努力の上にある今の平和について考える、いわゆる『平和教育』が当たり前のように行われていた。

ただ、大人になって他県の人に聞いてみると、意外にも原爆の日を知らない、たとえその日は知っていても、何時何分に原爆が投下されたかも知らない人が多いのに驚いた。

実は!そう言うボクも、沖縄の慰霊の日を知らなかった。

つまり、多くの人は自分の周りのことにしか、あまり関心を持たないのだと言うことを改めて知った。

世界を見ると、戦争とかテロといったニュースがあちこちから飛び込んでくる今日この頃。

一見、平和そうに見える自分達の毎日も、振り返ればそれと似たような事が起きてはいないか!と思うことがよくある。

自分が自分を愛することを知らないから、他者に関心を向けることもできない、といった人々が増えてきたのかも知れない。

友達が髪を切った次の日に会っても

あら!髪切った?



って相手の変化に気付くこともない人達に囲まれて生活している…なんてことない?^ ^

いつもペラッペラの上部だけで付き合い、自分の本音を語ることも、相手の本音を聞くこともしない…なんてことない?^ ^

独善的な言動で、自分は常に中心に居座り、いつも周りを動かそうとする…なんてことない?^ ^

なんでか!!!

『違いを受容れることを知らない』

『怖がっている』

なので、ちゃんと議論が出来ないオトナが増えたから!

向き合う事を避けてでもなんとか生きていける下手に便利な時代の弊害かも知れない。

怖れが暴力の起爆装置になっているのか・・・

そんな時代だから、今は議論をせずに暴力(肉体的・言語的)に訴える人が、はなまる急上昇中の世の中とも言えると思う。

『暴力というのは臆病者の道具なんだ』ということを自覚すれば、恥ずかしくて使えないと思うのは、ごく当たり前のことだと思うけど、、、^ ^

本当の羞恥心を知らない人種も増えてきているように感じる。。。

まぁ、どうでもいいことなんだけど、そう言うことも少しは考えた方がいいのかも知れない。

なんでもええじゃないか!と思える懐の広さは必要か・・・

ここまでの話を振り返ってみて…

結局のところ、自分を許す人は相手も許すんだと思う。

器とかそんなんじゃなくて、誰の心の中にでもある素直な感情が大切なんだと思う。

ただ、希望の光はある!

ITが進んだ現代において、発信する人、受取る人が繋がることで、活発な議論の波が起きている。

自由でいいし、自然体でいいと思う。

おわりに

今回の記事を書いているうちに・・・

やっぱり、対人関係やあり方とやり方が大切だという考えに行きついた。

忘れてはならないのは、『自分に対する愛と他者に対する関心』つまり自分自身の在り方なんじゃないかと改めて思えてきた。

そこを押さえることが出来れば、自分自身のビジネスの世界にも、平和と繁栄が訪れるのかも知れない。

平和って意外と身近なとこにあるってことに気付けた人は幸せなんだと思う。

ではでは、今回はこの辺りで・・・

P.S. 『ビジネスは人生の教科書♪』もっと自由に♡自分の人生の花道を行こう♪

Posted by iPhone

The following two tabs change content below.

おっきぃ

代表Life Create
ブログ『らくスタ』のライター/iPhone×WordPress×言語化力をブラッシュアップし『自己実現のDNA』をインストールするノマド系ネットワーカー/ゴルフ・筋トレ・カラオケ・おしゃべり・ハードロック・読書・空想・アウトドアが趣味/子供みたいな!アラフィフのおバカなオトナです^ ^